認定看護師の紹介

当院には、11分野の認定看護師がいます。
当院にはまだいない分野の認定看護師や、少ない分野の認定看護師の取得を進めており、現在も認定看護師取得に向けて頑張っている看護師がいます。
ここでは当院で活躍する認定看護師を紹介します。

ninteiH29_1.jpg

【感染管理認定看護師】
・野村 明美(感染管理室)

【緩和ケア認定看護師】
・織田 雅子(地域医療支援センター)

【がん化学療法認定看護師】
・大石 麻理子(救急外来兼外来化学療法室) 
・和田 奈美子(外来化学療法室)

【がん性疼痛看護認定看護師】
・羽下 貴枝(54病棟)

【皮膚・排泄ケア認定看護師】
・奈木 志津子(52病棟)
・山本 利恵子(褥瘡専従) 
・八木さとみ(外来)

【脳卒中リハビリテーション看護認定看護師】
・薮崎 優子(42病棟)
・松林 洋輝(32病棟)

【糖尿病看護認定看護師】
・三村 芙美江(34病棟)

【慢性心不全看護認定看護師】
・河守 悦子(43病棟)

【小児救急看護認定看護師】
・松本 浩美(34病棟)

【救急看護認定看護師】
・湯沢 晃司(救急外来)

【認知症看護認定看護師】
・木下 司紗(31病棟)

【感染管理認定看護師】
ninteiH29_2.jpg・野村 明美(感染対策室) 
「手指衛生を根付かせます」

私は、感染管理認定看護師として組織横断的に活動しています。
活動内容は、チームで院内ラウンドを行い抗菌薬使用、感染予防対策について他職種の意見も取り入れアドバイスをしています。また、感染予防対策の啓蒙・教育にも努めています。感染対策の基本である手指衛生に力を入れ、病原菌を「うつらない」「うつさない」ために日々監視員のごとく病棟に出没しています。

【緩和ケア看護認定看護師】
ninteiH29_3.jpg・織田雅子(地域医療支援センター)

「こころとからだの緩和を目指します。」

命を脅かす病気に関連した問題に直面している患者さん・ご家族の辛さを受け止めて、心と体の痛みを出来るだけ軽減出来る様なお手伝いが出来ればと思っています。そして、どんなに苦しい状態であっても傍に居て、また緩和ケアチームの力を借りて、患者さん・ご家族と一緒に生活しやすさの工夫の提案ができたらと思います。


【がん化学療法認定看護師】 
ninteiH29_4.jpg・大石麻理子(救急外来兼外来化学療法室)
「その人らしく生活がおくれるように支援をします!」

がん患者は、毎年増え続けています。少子高齢化の時代となり、がん患者・家族もその傾向にあります。そのような現状のなか、医学は日々進歩を遂げ、様々ながん治療が開発されています。
がん化学療法(抗がん薬)分野も近年、免疫チェックポイント阻害薬などが使用されてきております。多くの抗がん剤治療は、通院での治療が可能となってきております。病態にあわせて治療をうける患者さんは、皆さん日常生活を送っています。日々の生活が円滑に送れる様に、薬剤の副作用マネジメントを行い、生活の支援を行っていくことが、がん化学療法看護では大事な役割だと考えております。


ninteiH29_5.jpg・和田奈美子(外来化学療法室)
「がんになっても治療をしながら、自分らしく生きることを支えます。」
私は、外来化学療法室に勤務しています。
抗がん剤治療を行なう患者さんに対して安全、確実な投与管理と副作用予防の為、患者さんの生活スタイルに合わせたセルフケア支援を行なっています。
闘病する患者さんそれを支えるご家族が自分らしく生きることを支えて行きたいと思っています。治療が上手くいかない時は、共に悲しみ悩み、上手くいったときは共に喜び、患者、家族に寄り添ったきめ細やかな看護提供を行ないます。
また、抗がん剤を取り扱う部署への指導を行ない、スタッフの知識の向上に努めています。

【がん性疼痛看護認定看護師】
ninteiH29_6.jpg・羽下貴枝(54病棟)
「私はこころとからだの【痛み】の看護師です。」

私は平成29年度から当院に勤務し始めました。以前はがん専門病院に10年以上勤務(そのうち緩和ケア病棟に5年以上在籍)し、緩和ケア・がん性疼痛看護について学び専門性の高い看護を習得してきました。地元である当院に戻ってきたのは「地域のがん患者さんの心と体の痛みを緩和する」ためです。その目的を果たすため、当院全体のがん疼痛治療・がん性疼痛看護のレベルアップが図れるように、がん患者さんをトータルペインの視点で捉え苦痛を緩和出来るように日々活動しています。

【皮膚・排泄ケア認定看護師】
ninteiH29_7.jpg・奈木志津子(52病棟)
「ストーマケア、排泄ケアを生涯にわたりサポートします!」

泌尿器科・腎臓内科・耳鼻科の混合病棟である52病棟に勤務をしています。このため、主に尿路ストーマケアや前立腺全摘出後の尿失禁管理を必要とする患者さんと接しています。排泄ケアは人の尊厳に関わる看護であるため、ストーマ受容までのプロセスの援助や、失禁に対する心身の援助、社会復帰への支援、家族へのサポートを専門的に行っています。患者さんとご家族がその人らしく生活できる環境とは何かを共に考えることを心がけています。



ninteiH29_8.jpg・山本利恵子(褥瘡専従)
「褥瘡発生ゼロを目指します!」

私は、皮膚・排泄ケア認定看護師として組織横断的に褥瘡管理をしています。
活動内容は、褥瘡予防に力を入れていますが、重度の褥瘡は医師を中心とした褥瘡回診チームで介入し、早期に褥瘡が改善できることを目標に取り組んでいます。また地域の介護支援専門員への見学実習を受け入れており、地域に向けての指導にもあたっています。
その他として人工肛門を余儀なくされた方に対して、入院中から退院後までの継続的な支援を行うこと、また前立腺癌術後の尿失禁に対して骨盤底筋体操の指導を行っており、患者さんのQOLが低下しないように日々活動をしています。


ninteiH29_9.jpg・八木さとみ(外来)
「糖尿病患者さんの足を守っていくと同時に全ての方の【足から健康】を目指します」

私は、「足切断は、患者さんを寝たきりや自立を損なうことにつながるので、1人でも多くの患者さんの足を守りたい」をモットーに代謝内分泌科外来でフットケア外来を担当しています。糖尿病患者さんは触覚や痛覚・温覚が低下する神経障害の合併症を起こしやすく、足の熱傷や靴ズレでも傷を悪化させ足壊疽や足切断といった経過をたどることも希ではありません。フットケア外来では予防となるフットケア指導を行い、早期に足病変の発見や適切なケアに努めています。
また、足の爪切りは健康においてとても大事な事なので、院内外を通じ足の爪切りの苦手な看護師さんへの「足の爪切り指導」にも力を入れたいと思っています。

【脳卒中リハビリテーション看護認定看護師】
ninteiH29_10.jpg・藪崎優子(42病棟)
「その人らしい人生の再構築を支える」

私は、回復期リハビリテーション病棟に勤務し、患者が主体性をもって生活できるように、リハビリテーション看護の質を向上に勤めています。
主な活動は、麻痺を有する患者や高次脳機能障害患者に対し日常生活動作の再習得支援能力のために病棟スタッフへの看護実践と介護技術の教育と、患者への実践を行い患者の生活再構築を支援しています。自分のことは自分で行ないたいという気持ちを添い、患者の持つ力を伸ばし、退院後の生活を自分らしく暮らしてほしいと願い支援をしています。
また、認知症ケアに関わり、看護師の「困った」「悩み」を相談できる認知症ケアチームの一員として参加しています。


ninteiH29_11.jpg松林洋輝(32病棟)
「脳卒中患者さんの退院後の生活を見据えた看護を提供します。」

脳卒中は、突然起こり意識障害や運動麻痺など生活に支障をきたす症状が出る病気です。
私は急性期病棟に勤務しているため主に、発症直後から患者さんに起こり得る症状を注意深く観察し、早期発見に努め症状の悪化や合併症の予防をすることに力を入れています。またセラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)や薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカーと協力し、患者さんとご家族のより良い生活を見据えた看護を実践しています。

【糖尿病看護認定看護師】
ninteiH29_12.jpg・三村芙美江(34病棟)
「その人らしさを大切に、療養生活に寄り添う。」

糖尿病は、食事や運動などの生活習慣が影響します。そして、続けて治療していくことが必要です。患者さんがそれまでの生活を振り返り、これからの生活を考えて取り組む機会がもてるように関わっています。
医師や管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師などの他職種とも連携し、合同カンファレンスや透析予防外来を行っています。

【慢性心不全看護認定看護師】
ninteiH29_13.jpg・河守悦子(43病棟)
「心不全の患者さんを生涯にわたりサポートします。」

高齢化社会に伴い、心不全の患者さんは増加の一途をたどっています。心不全の患者さんの多くは、生涯にわたり治療を続けていかなければなりません。長期にわたる療養生活をサポートしていくのが慢性心不全看護認定看護師の役割です。
私の所属している循環器内科病棟は、CCUを併設し心筋梗塞や急性心不全など急性期から、回復期、終末期の看護を行っています。心不全の患者さんが病状の悪化を繰り返すことなく、QOLを維持して日常生活が送れるように外来、地域と連携をして療養生活の支援を行っています。

【小児救急看護認定看護師】
ninteiH29_14.jpg・松本浩美(34病棟)
「子供たちの笑顔のために日々格闘中」

子育て中の保護者(養育者)への育児サポートを始め、子育て支援出前講座への参加、在宅療養中のお子さんへの往診同行、退院後在宅訪問指導など地域への活動を広げています。教育的役割を担い小児の特徴を理解し看護実践が行えるようにスタッフへの指導、看護学生の実習支援を実践しています。またRSTメンバーとして人工呼吸器装着中の患者への支援(早期離脱・合併症予防)、救急カートのチェック等を行っています。


【救急看護認定看護師】
ninteiH29_15.jpg・湯沢晃司(救急外来)
「根拠に基づいた救急看護を提供します。」

 私は、2017年に救急看護認定看護師資格を取得しました。
救急患者は時や場所を選ばず発生します。来院される患者とその家族は、急な発病やケガに対して不安が強い状態にいると考えられます。そのため、すべての患者・家族に対して、エビデンス(根拠)に基づいた最善の看護を実践することを心がけています。
また急変時に対応できるスタッフ育成のため、2014年より日本救急医学会認定BLSコースを新人看護師教育に導入しています。今後はコメディカル、事務職などを含めてBLS(一次救命処置)を普及させていきたいと考えています。
 医療や看護の世界は、日進月歩で進化していきます。最善の看護を提供するためには、常に探究心を持って行動していかなければなりません。そのため、学会や研修会への参加、他施設の救急看護師との情報共有をおこない、自分自身の知識や技術をブラッシュアップさせていきたいと考えています。

【認知症看護認定看護師】
ninteiH29_16.jpg・木下司紗(31病棟)
「患者さんの意思決定を大切にします。」

私は認知症看護認定看護師として病棟に勤務しています。
我が国は20年以上前より長寿世界一です。社会の高齢化とともに認知症をもつ方の増加が予測されており2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われています。
認知症をもつ方の意思決定を大切にし患者さんの表情や言動・行動などのメッセージを理解しケアにつなげ安心した入院生活が送られるよう活動しています。