教育理念

地域住民のニーズに応える豊かな人間性を育み、4つの柱に基づく質の高い看護が提供できる看護師を育成する

教育方針

1.看護実践能力の向上を目指し、キャリアラダーを中心とした教育支援を行なう
2.目標管理・ポートフォリオを活用し、人として、組織の一員として成長し続けられる人材を育成する

教育目的

職員一人ひとりの主体的学習を支援することにより根拠と倫理に基づいた看護実践能力を養う


継続教育に関わる委員会の目的


委員会名 目的











 
看護倫理委員会
実践における倫理問題を振り返り検討するためのしくみを整え、看護倫理について学ぶ風土を醸成する
 キャリアラダー委員会 1)キャリアラダーシステムを評価し、修正・改善をおこない看護師に周知する
2)レベルに応じた研修企画を総括し、個々に適した学習環境を提供する
 新卒者研修委員会  新人看護職員教育体制を整え、4つの柱に基づいた看護が提供できる新人看護師の育成と定着をはかる
 2年目研修委員会  卒後2年目看護師に対しての教育・支援をおこなう
 3年目研修委員会  卒後3年目看護師に対しての教育・支援をおこなう
 4年目研修委員会  卒後4年目看護師に対してリフレッシュ研修を通して教育・支援をおこなう
医療員委員会
医療チームの一員として看護補助者の役割を果たすための教育・支援をおこなう
看護災害委員会
被災時に実践活動がおこなえるよう、災害看護の啓蒙と学びの支援をおこなう
認定看護師会
認定看護師の効果的な役割発揮に向けて、認定看護師間の連携および看護部との調整をはかる
実習担当者会
学生にとって臨地実習が、効果的な学びの場となるよう島田看護専門学校との連携・調整をはかる