スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


循環器内科

心臓や血管の病気を診療します。

市立島田市民病院は日本循環器学会の認定施設であり、専門医8名(常勤医6名・非常勤2名)が最新の循環器医療を提供するとともに、地域密着型の診療をしています。

DSCF3256.JPG循環器内科の疾患は急性心筋梗塞や急性心不全などのように突然発症し、なおかつ生命に関わることが多く、早期の診断と治療が必要です。当科では24時間緊急対応には万全を期しており、いつでも治療や入院の受け入れができる体制をとっています。
特に、患者さんの負担にならないような非侵襲的検査(心臓核医学、エコー、冠動脈CT、MRIなど)を充実させ、侵襲的検査・治療(心臓カテーテル検査やステント治療など)とのバランスの取れた診療を行っています。
また、心血管疾患の危険因子となりうる高血圧、脂質異常症などの管理も重要と考えており、最適な薬物療法を行っています。
志田榛原地域では近隣施設の循環器内科医不足が続いています。当科ではそのような地域からの患者さんを広く受け入れており、この地域での循環器診療において重要な役割を果たして参りました。そして今後も地域の医療機関、開業医の先生方との密接な連携により、地域に根ざした医療活動の充実を図るべく、努力して参りたいと存じます


代表的な疾患は以下の通りです。

1.急性心筋梗塞、狭心症
心臓の筋肉(心筋)に酸素と栄養をおくる動脈(冠動脈)が細くなったり、詰まったりする病気です。当科では志田榛原地域で最も早く昭和54年より冠動脈造影を含む心臓カテーテル検査を開始し、夜間休日でも対応可能な緊急検査、治療体制を整えてきました。Door-to-Balloon(当院到着からカテーテル治療による血流再開)は平均60分以内を達成しており、救命率の向上に努めています。薬剤溶出性ステントの導入によって、慢性期の再狭窄率が劇的に低下しています。また、安定した状態であれば心臓核医学検査(心筋シンチ)、心臓エコー検査、心臓CT、心臓MRIなどを応用し確実な診断を行います。

2.心不全
拡張型心筋症、肥大型心筋症、急性心筋炎・心膜炎などの心筋・心膜疾患、弁膜症、心筋梗塞などに伴って生じる病気です。はじめは息切れ、動悸、むくみなどが生じ、重症化すれば呼吸困難となります。高齢化に伴い心不全による入院が著しく増加しています。心不全の予後改善と再入院を減らすことを目標に、多職種で心臓リハビリチームも結成して積極的に心不全治療に取り組んでいます。

3.動脈疾患
大動脈がこぶ状に拡張する大動脈瘤、突然血管が裂ける急性大動脈解離、手足の末梢血管が細くなったり詰まったりする閉塞性動脈硬化症などがあります。当科では下肢動脈に対するカテーテル治療(PPI)を行っています。

4.弁膜症
心臓は、左心室・左心房・右心室・右心房の4つの部屋に分かれており、それぞれの間に血液が流れるときに開き、流れ終わったら閉じて血液が逆流しないように機能する弁があります。弁が加齢・感染症・外傷・先天的(生まれつき)などの問題によって開きが悪くなり血液の流れが悪くなる状態(狭窄症)や、正常に閉じなくなることで逆流を起こしてしまう状態(閉鎖不全症)になることがあります。弁が正常に機能しなくなることで、心臓のポンプ機能に支障をきたした状態を心臓弁膜症と言います。最近まで心臓弁膜症の治療は、外科手術による弁置換術や弁形成術しかありませんでしたが、カテーテルを用いた心臓弁膜症の治療が大きく進歩しています。これらの治療選択に関して当科では心エコー、CTやカテーテル検査を組み合わせて最適な治療法を提案いたします。
また、当科では大動脈弁狭窄症の新しい診断法及び治療法を確立するための研究に参加しており、その成果が日常の臨床に活用されています。(研究のおしらせ参照)

5.静脈血栓塞栓症
下肢静脈内に血液の塊(血栓)ができる深部静脈血栓症や、血栓が静脈の流れに乗って肺の動脈を詰めてしまう肺血栓塞栓症があります。当科では、エコーやCT検査で血栓の検出を行い、治療を行っています。

6.不整脈
通常は1分間に50~100回の脈拍が40以下の徐脈になったり、120以上の頻脈になったりする状態。また、脈のリズムが不規則になる期外収縮や心房細動も不整脈の1種です。当科では、徐脈性不整脈にはペースメーカー治療を、適応のある頻脈性不整脈に対しては高周波カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)治療を行っています。

職名 氏名 医師免
取得年
学会専門医資格等 備考
事業管理者 青山武 S56

日本内科学会認定内科医
日本内科学会研修指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
rt-PA適正使用講習会受講済 

京都大学臨床教授

主任部長 金森範夫
H13

日本内科学会総合内科専門医・認定医
日本内科学会研修指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・施設代表医
rt-PA適正使用講習会受講済 

福井大学医学部臨床准教授
部長(兼務) 松岡良太 H7

日本内科学会総合内科専門医・認定医
日本内科学会研修指導医
日本救急医学会専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
rt-PA適正使用講習会受講済 

救急科主任部長

脳卒中科兼務

医長 石田仁志 H14

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医


医長 蔦野陽一

H17

日本内科学会総合内科専門医・認定医
日本循環器学会認定循環器専門医
rt-PA適正使用講習会受講済
日本心血管インターベンション治療学会認定医

血液内科兼務
医長 露木義章
H19

日本内科学会認定内科医
rt-PA適正使用講習会受講済
日本循環器学会循環器専門医
日本温泉気候物理医学会温泉療法医 
日本心血管インターベンション治療学会認定医 

 
医員 中村富美子 H29

 

 
非常勤 近藤真言
S50

日本内科学会認定内科医
日本内科学会研修指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本核医学会専門医

 
非常勤 久保田友之
H6

日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医

 












1診 青山 蔦野 露木 石田

金森

2診 第1
近藤
第2・第4午前
金森 
青山 松岡 近藤
午前3診

不整脈外来
第2・第4

専門外来
13:30~15:00
(ペースメーカー)

石田
※初診予約が必要です。詳しくは、循環器内科に問い合わせください。

(1)初診予約は取れません。
(2)初診時症状により診察前に検査させていただくことがあります。
(3)緊急性の患者様を優先に診察させていただく場合があります。
(4)ペースメーカー外来は、月曜日は循環器内科外来(三診)で、13:30から15:00に行います。

集計期間:1月1日~12月31日

◇検査件数


◇治療件数


◇治療成績


◇治療合併症









最新型心臓CT(高分解能64列マルチスライスCT:750HD GE社製)を2010年9月に導入しました。

◇心臓CTとは?
 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、がん・脳卒中とともに死亡原因の上位を占め、年々増加傾向にあります。虚血性心疾患は心臓の冠動脈という血管の動脈硬化が進行して起こります。今までは冠動脈の異常を診断するために、直接手足の動脈から細い管(カテーテル)を入れていく心臓カテーテル検査が行われてきました。

ct1-image.gif 新しいCT機器であるマルチスライスCTが開発され、心臓カテーテル検査に代わって冠動脈を評価するために使われるようになりました。このマルチスライスCTを用いると、十秒ほど息を止めるだけで冠動脈の異常がわかります。動脈に針を刺してカテーテルを入れていく必要がないため非常に安全です。検査後も止血操作や安静時間は必要なく、外来で検査を終えることができます。当院では身体に優しく安全に、かつ迅速に診断できるように高分解能型64列マルチスライスCTを導入しました。

◇高分解能64列CTの特徴
 マルチスライスCTは、2002年頃から16列を主体に導入され始めましたが、長時間の息止め(20秒以上)や検出器の回転速度不足などが原因で満足いく画像を得られないことが多々ありました。64列になると画像も安定し飛躍的に普及することになりました。しかしながら不整脈があると画像が乱れ、またカテーテル検査よりも多いとされる放射線被曝量や過剰な造影剤の使用、石灰化(動脈硬化により血管壁にカルシウムが沈着します)やステント留置部の評価が困難といったような弱点もありました。

◇当院の高分解能CTが備える特徴はこれらの弱点の多くを解決してくれます。

1) 既存のCTにおいて最高の解像度を実現

ct2-image1.gif X線を受けるセンサー部分の素材に宝石(ガーネット)を使用することで、非常に細かいところまで評価が可能(解像度で0.23mm 既存のCTでは最高の能力)となりました。これにより他のCTとは全く異なる鮮明な画像が得られます。CTが苦手とする石灰化やステント内の評価も可能になります。




2)大幅に被曝量を低減

ct3-image2.gif CTでは初めて応用される画像再構成技術(ASiR:CT用逐次近似法)やSSP(Snap Shot Pulse:特定のタイミングに絞って3心拍のみ撮影を行います)を用いることで通常の64列CTと比較し最大10分の1程度(約1ミリシーベルト)まで被曝を減らすことができます。




3)不整脈や高心拍でも撮像可能

ct4-image3.gif ECG Editer 2という独自のメカニズムは、心拍数が不整であったり脈が速過ぎたり遅過ぎたりしても、ほぼ正確に冠動脈の狭窄度を検出する画像を再構成することができます。

 当院のCTでは10秒弱の息止めをしていただくだけで、少量の造影剤(50ml以下)と低被曝量で、非常に鮮明な冠動脈の描出が可能になります。

HDCTと他の検査法との比較

◇冠動脈CT検査を希望される方は、循環器内科を受診してください。

◇CT全般については、診療放射線室の部門紹介(CT)のページをご覧ください。

 当科では京都大学大学院医学研究科循環器内科が実施する下記の研究に参加しています。

研究課題名:
大動脈弁狭窄症患者に対する治療法選択とその予後を検討する多施設後ろ向きコホート研究
研究の目的:
高度大動脈弁狭窄症(左心室と大動脈の間にある大動脈弁が十分に開かなくなる病気)と診断された患者さんの症状と治療、その後の経過を評価し、日本人の大動脈弁狭窄症に対する至適な治療方針を探索することを目的としています。
研究の方法:
2003年1月から2011年12月に心臓超音波検査を施行され、高度大動脈弁狭窄症と診断された患者さんの診療録と治療経過データを、患者さんの個人情報を特定できないようにした上で解析します。本研究は、市立島田市民病院倫理委員会並びに京都大学大学院医学研究科・医学部及び医学部附属病院 医の倫理委員会の承認を得て実施されています。
研究成果発表:
学会等や誌上での報告を行います。個人名や個人情報が公表されることはありません。
・Prognostic Impact of Aortic Valve Area in Conservatively Managed Patients With Asymptomatic Severe Aortic Stenosis With Preserved Ejection Fraction. J Am Heart Assoc. 2019 Feb 5;8(3):e010198.
・Asymptomatic versus Symptomatic Patients with Severe Aortic Stenosis. Sci Rep. 2018 Jul 4;8(1):10080.
・Initial Surgical Versus Conservative Strategies in Patients With Asymptomatic Severe Aortic Stenosis. J Am Coll Cardiol. 2015 Dec 29;66(25):2827-2838.
問合せ先:
本研究に関するお問い合わせや診療情報の利用を望まれない方は、主治医までご連絡ください。
実施責任者:
副院長 循環器内科主任部長 青山 武
研究事務局:
京都大学大学院 医学研究科 循環器内科 木村 剛

文責 循環器内科
最終更新日 2019-05-15